介護の仕事にも種類があるので自分に合う内容かどうかを考えましょう

HOME>記事一覧>いろんな業務を協力し合って現場が回っています

就業する場所にも種類があります

女性

介護の仕事と一口でくくるのは難しく、就業する場所にも種類があります。思いつくのは老人ホームが多いですが、それ以外にもデイサービスやホームヘルパー、ケアマネージャーと施設内だけで働くのではなく、家庭に直接訪問して業務を行うことも出てきます。実際に現場を走り回るだけでなく、上の立場として従事者の管理をしている人もいますし、生活相談員などの業務もあります。助手や補助として日々の業務を行ったりすることもありますので、細かくどの分野で働いていきたいのかを良く考えた上で選びましょう。そうすることで、業務との乖離も防げます。

資格が必要になることも

介護の現場は日々目まぐるしく仕事をしなくてはいけませんが、業務内容によっては資格が必要になることがあります。介護関連の資格はもちろんですが、看護師の資格を持って活躍している人もいれば、栄養士などの資格を取って食事の管理などをしたり、業務の内容も多岐に渡ったりすることが分かります。リハビリ等の業務であれば、理学療法士といったような専門資格を必要としますので、これから自分が目指す介護の分野に合わせて目標を定めましょう。業務にも幅が出て、やりがいもさらに感じられます。